グラフ

売買の前に確認

ゴルフ会員権の流通金額トレンドを把握する

ゴルフ

ゴルフ会員権を賢く売買するために必要なこととして、流通金額のトレンドを把握することです。過去(数年前)から直近までの売買流通金額を把握することで、売るべきタイミングか、買うべきタイミングかを見極めることができます。 数年前からの売買流通チャートを把握することによって、値下がり傾向か、値上がり傾向か、変化なしか、など把握できますので、株式と同じような目線で把握するとよいです。 因みに、私が購入したゴルフ会員権は、バブル期(1992年前後)に設立された比較的新しいゴルフ場でしたが、当時は最高値4,000万以上であったものが、経営会社変更に伴って大きく値下がりしましたので、その下限値と思われるタイミング見計らって数十万円前半にて購入することができました。

最終的に売買にあたって考えるべきこと

次に、最終的にゴルフ場会員権を売買するにあたって考えるべきこととして、購入の場合だと総支払額を把握すること、売却の場合だと、最終的に手元に入金される受取額を把握することです。通常、ゴルフ会員権売買では個人間取引が困難(タイミングよく買い手、売り手を把握することができない)であるため、斡旋業者を経由する必要があり、そのために必要な仲介手数料が必要となります。この仲介手数料は、業者によって異なりますので、手数料率をきちんと把握することで最終的な総支払額(もしくは総受取額)を踏まえた賢い斡旋業者の選択ができることになります。また、購入時期によっても多少の変動要素があります。会員権購入にあたっては、通常年会費を月割で支払(もしくは受取)することになりますので、月末月初によって微妙に異なりますので、このあたりも注意深く確認することでより賢くゴルフ会員権を売買できることになりますのでご留意ください。